このページではJavaScriptを使用しています。

工作機械事業

TOYO工作機のコア技術は、極限までの加工技術の追求。
半導体やパワー半導体など新たな分野からの期待に応えます。

1940年の第1号機以来、10,000台を超す生産台数を誇り、国内外の1,000社を超えるお客様にご愛顧いただいている内面研削盤を始め、TOYOブランドの工作機械は、品質保証の国際規格であるISO9001の取得でも実証された品質により、自動車・家電・軸受・半導体業界など多くの基幹産業で採用され、高い評価を得ています。

製品一覧

    • 立形研削盤 チャックタイプ

      従来の構造を見直し、高精度・高能率を追求したTOYOの新立形研削盤TVGシリーズ。φ900mmまでの加工サイズに応じたラインナップ。
      高精度静圧主軸、永電磁チャックあるいは2シュー&マグネットタイプのワーク支持方式の採用。オートバランサ・AE内臓30kW高剛性ホイールヘッド搭載など最大加工径3,500mmまでの超大型工作物の高精度加工にお応えします。

      機種ラインナップはこちら